Expedition!!

Expedition!!

釣り/キャンプ/登山などアウトドアな活動をしています。休日を利用して釣りたい魚を追い掛け国内外色々な場所へと足を運ぶ会社員兼釣り旅人。

東南アジア釣遊記#8 ベトナム編〜ホーチミンでエビ釣りしてみた〜

 

東南アジア釣遊記 カンボジア編#1〜陸路シェムリアップへ〜 - Expedition!!←最初から読む

 

東南アジア釣遊記#7 ベトナム編〜Arrive in Vietnam〜 - Expedition!! ←前回のお話

 

 

 

 

長距離移動の疲れが抜けず昨夜はビールを一口飲んだだけで爆睡してしまった。

 

 

お陰で目覚めはすこぶる良く、朝早くから活動開始。宿を出るとまだ涼しく気持ちのいい天気だ。f:id:fishingtripper:20181212122654j:imageバンコクからスタートした今回の旅も今日が最終日。

今夜ホーチミンからバンコクへ飛び帰国する予定だ。

 

朝飯は宿から少し歩いた所にあるビーフシチューのフォーが絶品だと噂の店へ来てみた。
f:id:fishingtripper:20181212122553j:image東南アジアでよくある練乳が入ったあまーい珈琲でまだ寝ぼけ気味な脳を叩き起こす。

 

しばらくすると運ばれてきたビーフシチュー的フォー。
f:id:fishingtripper:20181212122621j:image周りにある薬味をお好みで入れて食す様だ。こんなの絶対美味いに決まってるじゃん!というかなり高めのハードルを余裕で超える美味さだった。これは是非とも食べてもらいたい。かなり有名な様なんでググれば速攻見つかるはず。

 

食後は町をフラフラと。
f:id:fishingtripper:20181212122539j:image個人的お気に入り路地。
f:id:fishingtripper:20181212122702j:imageバインミー屋を発見したがまだ腹一杯で食えないよw

帰りに食べよう。

 

バイタクを捕まえて市場巡り開始。
f:id:fishingtripper:20181212122658j:image昨夜も来たベンタイン市場
f:id:fishingtripper:20181212122613j:image昨日見れなかった魚売り場を見て回った。

 

お次は少し離れた所にあるアンドン市場。
f:id:fishingtripper:20181212122609j:image結構大きな建物で半地下になっているフロアに食べ物。上の階は衣類などが置いてある。
f:id:fishingtripper:20181212122546j:image
f:id:fishingtripper:20181212122634j:imageこのごちゃごちゃした感じが最高だね。

 

歩き回ったら喉が渇いたのでコーラを補給しに近くの商店へ。
f:id:fishingtripper:20181212122643j:image軒先きに座らせてもらって店主のおばさんと雑談。
f:id:fishingtripper:20181212122630j:image人さし指くらいある唐辛子をいじるお父さん。
f:id:fishingtripper:20181212122602j:imageめちゃくちゃ美味しそうなもの作ってらっしゃる。

 

ベトナムは都市部でも結構英語が通じなくて困ったけど店主のおばさんは普通に喋れて色々な事を教えてくれた。
f:id:fishingtripper:20181212122606j:imageおばさんめっちゃいい人だ。また会いたい。

 

続いてタイビン市場。
f:id:fishingtripper:20181212122617j:imageなんかここの市場の雰囲気好きだな。
f:id:fishingtripper:20181212122626j:image
f:id:fishingtripper:20181212122647j:image魚介類もそれなりに売っていて見応えがある。

 

そろそろお腹が空いて来た。

ホーチミンにも海老釣り堀があるという情報を得ていたのでタクシーを拾い少し離れた釣り場まで急行。f:id:fishingtripper:20181212122558j:image料金は2時間まで1時間おきに500円程度、3時間目に突入すると一気に1500円位に跳ね上がる料金システム。

 

全く英語が通じないのでジェスチャーで釣りがしたい事を伝えるとめちゃくちゃダルそうなお姉さんに案内され釣座へ。ブスっとし過ぎだろw

 

アサイゴンをスタンバって釣り開始。
f:id:fishingtripper:20181212122639j:image餌は鳥のレバーみたいなヤツを小さく千切って付ける。餌がなくなるとお姉さんがブスっとした表情で付け替えてくれるサービスもついているw

 

周りは結構いいペースで釣れているようだ。
f:id:fishingtripper:20181212122650j:image僕も流れに乗って難なくキャッチ。写真は勿論、ダル姉が撮ってくれましたよ死ぬ程ダルそうな表情を浮かべつつwww


f:id:fishingtripper:20181212122706j:imageもう一丁追加〜!

 

今回は楽勝だな!と思った矢先パタッと全員釣れなくなる。

 

さっきまでが嘘の様に静まり返ったまま1時間が経過。するとスタッフが何処からともなくバケツを持って現れ対岸にザバザバと海老を追加。その直後、投下された付近に居た客達全員ボコボコ釣り始める。

 

え。そういう感じなのw

 

 

うおぉぉ!

こっち来いやああああぁぁぁ!!

 

 

 

で何とかもう一匹追加して無事昼飯にありつけた。f:id:fishingtripper:20181212122542j:imageちょっと寂しいけど今回は自力で釣ったもんね!

 

 

前回の様子はコチラ↓

マレー半島縦断鉄道釣旅#1〜Thailand to Singapore〜 - Expedition!!

 

 

 

バインミーが食べたいのでココでの食事は腹八分目に抑え、バイタクのお兄さんに美味しいバインミー屋さんに連れて行ってもらう。

f:id:fishingtripper:20181212122901j:image
f:id:fishingtripper:20181212122922j:image地元の人で行列が出来てる。これは美味しいに違いない。

 

しばらく並ぶかなーと思ったけど物凄く回転が早くてあっという間に店内へ。
f:id:fishingtripper:20181212122913j:image慣れた手捌きで次々にバインミーを量産する店員さん。

 

因みにこの時、味の好みを聞かれたがよくわからないのでノーマルでお願いした。
f:id:fishingtripper:20181212122904j:imageおぉ。美味そうだ。
f:id:fishingtripper:20181212122925j:imageレバー

のパテやチーズ、野菜など色々な食材が絡み合い最高に美味しい。ただノーマルでは唐辛子が効き過ぎていて結構辛かった。と言うか痛かったね笑

 

フライトの時間まで後少しあったんで最後にサイゴン川を見ておこうと見晴らしの良さそうな場所へバイタクで向かったがあいにく工事中で入れなかった。
f:id:fishingtripper:20181212122848j:imageこれから開発が進むエリアなのかな?特に何にもなく所々大規模な工事が行われている。
f:id:fishingtripper:20181212122908j:image空港までのタクシーを捕まえようとしたけど付近に何も無い所過ぎて空車が全然来ない。頼みのGRABを使っても近くに居ないか居ても場所がわからないらしくGPS上で行ったり来たり。

 

え。やばくねコレ?

 

渋滞を考慮した出発時間をとうに過ぎ段々焦って来た。軽くテンパってキョロキョロしていると100m程向こうに乗客を降ろしているバイタクを発見。めちゃくちゃダッシュしとにかく急いで空港へ向かってくれと頼むと状況を察してくれた様子で渋滞のホーチミンを爆走。

 

だいぶ怖かったけど無事空港へ辿り着けた。f:id:fishingtripper:20181212122856j:image
ふー。あぶない。

 

 

無事発券。
f:id:fishingtripper:20181212122852j:imageベトナムエアアジアってチケット緑なんだね。

 

 

 

 

さてさて。

約1週間半に渡る旅も終わりを迎えた。

今回も良い出会いが沢山あって最高の旅だった。

 

旅に出る度、各国に会いたい人が出来ていってまたその人に会いに旅に出る。

これが続けられる事に感謝しつつ早くも次の旅について考え始める僕であった。

 

 

 

 

 

 

さてさて。さてさて。

 

4ヶ月という期間に渡ってスローペースに書き綴っているうちに早くも次の旅に出る日になってしまった。

 

現在空港に向かう車内で畳み掛けるようにこのログを書いている。

今回は出国1週間前に最初の目的地が決定、その後は現地に行ってから考えるというかなりいい加減な感じの出発になった。

 

どんな出会いがあるか今から楽しみである。