Expedition!!

Expedition!!

ライフワークである釣りを通してアウトドアな活動をしています。休日を利用して釣りたい魚を追い掛け国内外色々な場所へと足を運ぶ会社員兼釣り旅人。

マレーシア釣行記#2 〜野池DEピーコック〜

マレーシア釣行記#1 〜野池DEトーマン〜 - Expedition!!←最初から読む 

 

 

 

 

 

朝、時間通りにロビーへ行くとすぐにサイが来た。

奇跡だなw

 

 

 

サ「ヒロ朝飯食ったか?」

ナ「まだ食ってない」

サ「じゃあ朝飯食って行こうぜ」

ナ「お任せします」

 

 

まだ真っ暗な中、車で少し走った大通り沿いにある食堂にピットイン。f:id:fishingtripper:20170816151410j:image夢中で飯を食っていると次から次へとサイの知り合いがテーブルへ来た。そして僕を見るなり「おー!お前日本から来たのか!?ようこそ!楽しんで行けよ!」とめっちゃフレンドリー。
そんな感じで朝から握手会が始まった。

 

何この超ウェルカム状態w

マレーシアすげぇ。

 


店の客ほぼ全員と握手し終え食堂を後にした。f:id:fishingtripper:20170816151452j:imageどこまでも続くパーム農園の中を走りガタガタ道へ突入。

f:id:fishingtripper:20170816151539j:imageバッファロー居たっす。ちゅっす。

 


しばらく走ると目の前に釣り場が現れた。

池と言うにはかなり広大な感じだ。

 

早速船を降ろして釣り開始。

夜が明けて間もないゴールデンタイム。
シャローでピーコックが活発に餌を追っている。

 ベイトがざわついてる場所にルアーを投入し連続ジャークを入れるとククッとロッドが入った。f:id:fishingtripper:20170816151614j:image初のマレーシアンピーコックを捕獲。

 

その調子で数匹釣り上げた頃には日が昇り一気に気配が薄くなる。
それと同時に風が強くなり操船がままならない状態にまでなって来た。f:id:fishingtripper:20170816151657j:image仕方なく少しでもマシなエリアを求めて風上へ移動するとマレーシアで是非とも釣りたいと思っていたナイフフィッシュ(現地名:ベリーダ)の群れに遭遇。

 

サイがいうには呼吸に上がって来たベリーダは息を吸ったら一気にボトムまで潜るという。
釣り方は呼吸を発見したら進行方向にバイブレーションを投入しフリーフォールで一気にボトムへ落としスローリトリーブだそうだ。

結構大きな群れであちこちに呼吸が見えるがなかなかヒットしない。
サイはボーナスフィッシュだと言ってるから結構難しい魚なのかな?

 

デカイ奴もちらほら居るから釣ってみたい。

 

 


丁度お昼時という事もあり昼飯食って午後からは風の影響のない池に行く事になった。

近くの食堂でチキンカレー的なヤツと美味しいと言われた魚を頼む。f:id:fishingtripper:20170816151725j:imageこの魚がめちゃくちゃうまい。
骨ごと全部いけちゃうのも面倒くさがりの自分には最高だった。日本で食えるなら普通に買って食うレベル。ビールのつまみにも良いかもな。

 

食後は何故かついて来たサイの友達ノーマンを乗せ、なかなか食ってこないベリーダを釣るべく釣具屋へ行き切り札であるライブベイトを調達。f:id:fishingtripper:20170816151837j:imagef:id:fishingtripper:20170816151849j:image日中ピーコの活性が低い時間帯は泳がせでベリーダを狙い、日没前のゴールデンタイムにピーコを狙いに行く事になった。

 

ライブベイトと言う切り札を手に入れた我々。

車中ではコレもう釣れたも同然だな!などと話しながら次なる池に向かった。

しかし3時間粘ったが反応は得られなかった。


ベリーダ難し過ぎだろ!!
めちゃくちゃ居るのに全然食わねーよ。
何食ってんだあいつらはw

 

 


そして時間はピーコの活性が高まる夕暮れ時に突入。f:id:fishingtripper:20170816165249p:image

ルアーに結び替えピーコの居そうな障害物周りやシャローを打つ。

f:id:fishingtripper:20170816151951j:imageすぐに反応がありサイズアップ。


その後も次々にヒットは続く。f:id:fishingtripper:20170816164556j:imagef:id:fishingtripper:20170816171134j:image

ジェフに貰ったルアーめっちゃ釣れる!f:id:fishingtripper:20170816164959j:image

 

本日最大魚も捕獲。f:id:fishingtripper:20170816164635j:imagef:id:fishingtripper:20170816164649j:image暗くなるまで釣りして20匹弱釣り上げ大満足で宿へ帰ってきた。

 

サイが明日何時までに駅送ればいい?と聞いてきたが自宅からここまで結構遠いっぽいのでタクシーで帰るから大丈夫だ!世話になった。ありがとう!と伝えホテルのロビーで別れた…と言うかまたカウンターの子を構ってるのでサッサと部屋に戻った。

 

またなサイwww

 

 

 

 

 

 

 

ー翌朝ー

 

7:30発の電車でKLに戻る。
まだ寝ぼけた状態でタクシーを呼ぶためフロントへ行くとタクシーは7:30までやってないと言われ一気に目が覚めた。

 

ナ「駅まで徒歩でどれくらい掛かりますか?」

フ「多分1時間位だと思う。間に合うのか?」

ナ「かなり危険だと思います」

 

 

現在6:30
列車は全席指定席な上に人気路線なのか、逃すと空きが出るまで乗れない可能性がある=飛行機に乗り遅れる。

そしてまだ帰り支度も済んでいない。

 

だんだんヤバイ気がしてきましたw

 


部屋に戻り荷物を適当に押し込んで足早に宿を出た。まだ外は真っ暗だ。googlemapで最短距離を行けばギリギリ着く予定になっている。かなりの早歩きで最短距離の住宅街を突き進む。

f:id:fishingtripper:20170816164503j:image道中忌まわしき野犬に吠えられたりしたけどそんな事に構ってられない状態だ。
走ったりもしながらかなり急いだ為発車数分前にはなんとか駅に辿りつけた。

f:id:fishingtripper:20170816165715j:imageマジ焦ったわ。
タクシーなんて朝早くても数台位走ってると思ってたよw

  

 

無事に空港まで戻って来た。f:id:fishingtripper:20170816165802j:imagef:id:fishingtripper:20170816165809j:imagef:id:fishingtripper:20170816165819j:image
最後にちょっと焦る出来事があったけど週末マレーシアかなりアリでした。

 

お世話になった方々、めちゃくちゃ楽しかったです。ありがとうございました。

また遊びに来ます!!