Expedition!!

Expedition!!

ライフワークである釣りを通してアウトドアな活動をしています。休日を利用して釣りたい魚を追い掛け国内外色々な場所へと足を運ぶ会社員兼釣り旅人。

タイ釣行記#2〜ブンサムランAgain!〜

タイ釣行記#1 〜タイ行きましょう〜 - Expedition!! ←最初から読む

 

 


釣行2日目

 


初日の疲れもあったのだろうか?昨夜はぐっすり眠れた。今日はブンサムラン。


個人的にはここからが本番だ。
まずは前回、散々引きずり回されたメコンオオナマズに真っ向からのパワー勝負を仕掛けてみる。

そしてメインターゲットであるジャイアントサイアムカープこと【パーカーホ】

コイツを狙う。

 


前情報では結構厳しい釣りになる様子。
当然一回行ったくらいで釣れる訳ないだろwくらいにあまり期待せずに居たのだが、いざ現地に行くと釣れる気満々になっているから驚く。

もはや釣れる!みたいな空気もあるwww

 

 

そんな感じでやって来たブンサムランf:id:fishingtripper:20171031103108j:image

 


なんか駐車場にブタ居るんですけど。
f:id:fishingtripper:20171031103148j:image動きノロくてカワイイんですけど。

 

近付くと放飼いなのかフラフラ歩いて何処かへ行くブタさん。

何コレ。いいの?w

 


ブタさんを見送り受付。

 

ここで問題発生。
パーカーホを釣るにあたって頼りにしていた名物ガイド  ブンソンが居ないのである。これは非常にマズイ事態。早くも暗雲が立ち込める。


どういう事か?と尋ねると受付のオバちゃんは悲しい顔をしながら

 


オ: Mr.ブンソン…ゴーホーム…

と言っている。

 

 

帰省なのか引退してしまったのか定かではないが雰囲気的に今日明日帰ってくる感じではない。
とりあえずわかったのは仲村英語は結構凄いという事だけだ。

 

となれば次に名前があがるのは前回来た時に世話になったパーユーしか居ないだろう。

ところが少しの発音の違いなのか何度パーユーと言っても受付のオバちゃんに通じず段々面倒くさくなってきたので誰でもいいよ!と言って桟橋へ向かう。

 

やって来たのは若いのかおじさんなのかわからない胸にデカデカと東京シティとプリントしてあるTシャツを着た男。あだ名はその場でシティボーイに決定。
f:id:fishingtripper:20171031103414j:imageシティボーイが特製ダンゴを作っている間に支度をする我々。

  

f:id:fishingtripper:20171031103348j:imageThailand製レッドブルをキメてやる気満々。

 

 

さぁ...メコン達よ。
かかって来るがいい。

f:id:fishingtripper:20171031103510j:image

いざ!スタートフィッシング‼

 

良い天気の中ビールを呑みながらアタリが来るのを待つ。

 

 


程無くしてヒット‼
f:id:fishingtripper:20171031103631j:image1匹目はサワイ…かな?

 

前から思ってたんだがサワイとメコンの見分けがイマイチよくわからない。
サワイの方が引かなくてシルバーっぽいって抽象的な見分けじゃなく明確な見分け方ってあるのか?
決定的な違いを知ってる人教えて下さい!

 

 

 


で。

 

ゴリさんもファイト開始!
f:id:fishingtripper:20171031103736j:image直後ゴリさんの喰った魚に仲村さんの仕掛けが尻尾にスレ掛かりという状況。力を合わせて寄せる。

 

 

 

で~ん!

f:id:fishingtripper:20171031103940j:imageデカイっす!ちゅっす‼

 

 

続いて仲村さんにもヒット!

指ドラグで無理やり止めて全体重乗せて鬼リフト。
f:id:fishingtripper:20171031105800p:imageもうね40kg位のヤツ水面から顔出ちゃってるしwww

 

パワーVSパワーの戦いを制してキャッチし勝利の余韻に浸る仲村さん。

f:id:fishingtripper:20171031104203j:imageいい顔してます。

 

 

 

この後あんな事になるとは知らずにwww

 

 

 

 

メコンをねじ伏せ上機嫌な仲村氏。

勢いは止まらずその後もゴリさんと仲村さんは飽きない程度に釣り上げている。

 

 


しかし僕にはアタリが無い…

 

1匹目から3時間経過

コンスタントに釣り上げるゴリさん、仲村さんに対し未だ反応がない僕。

 

やる事が無いので桟橋下に潜られる様、呪いをかけつつ2人のファイトを観戦。

 

 

 

 

 

バキッ‼︎
f:id:fishingtripper:20171031105831p:image折れたしwwwwwwwww

 

 

なんとかその状態のまま釣り上げるwf:id:fishingtripper:20171031104714j:image
f:id:fishingtripper:20171031104427j:image伊勢尼17号もポッキリ。

 
そんな感じで心も折られた仲村氏。
ロッドは予備がまだあるが全く出す素振りも見せず意気消沈。

さっきまでの調子に乗っていた時とのギャップが凄すぎてちょっと吹きそうになるが一応先輩なので心配そうな素振りをしておく。

 

 

 

しかしアタリがない…
既に最初の1匹から5時間は経とうとしている。


タナも同じで団子もシティボーイが作っている…
違うのは5m程の飛距離の差とリーダーの太さ位。

見ている感じ魚が集中的にモジっている場所に微妙に届いてない。多分原因はコレなんじゃないかと思う。

 

 

 

1匹目から6時間弱経過した頃ようやくヒット‼︎
f:id:fishingtripper:20171031104618j:image今度はメコン

f:id:fishingtripper:20171031110206j:image

まじギリギリ。
サワイ1匹で終わるかと思った。

 

 

終了間際にシティボーイに明日狙う予定のパーカーホについて聞いてみたが反応を見る限りそう簡単に釣れるものではない事が伺えた。

 

 

 

 

 

fishingtripper.hatenablog.jp