Expedition!!

Expedition!!

ライフワークである釣りを通してアウトドアな活動をしています。休日を利用して釣りたい魚を追い掛け国内外色々な場所へと足を運ぶ会社員兼釣り旅人。

タイ釣行記#2 〜ブンマー養殖池〜

タイ釣行記#1 〜バラマンディ釣り行こう!〜 - Expedition!!←最初から読む

 

 

 


朝4時

 

汽笛の音で目が醒めた。

 なんか知らないけどホテルの目の前で列車が汽笛鳴らしまくり。


マジうっせwww

 

少し早いが一通り支度して未だ爆睡中の仲村さんを起こす。

ホテルのロビーで朝飯食いながらガイドを待っていると集合時間15分前にそれっぽいワゴン車が到着。

 

 急いで飯を詰め込み外へ出るとガイドのサムさんが待っていた。

f:id:fishingtripper:20170618134451j:plainお互い挨拶を交わし車へ乗り込む。

 

釣り場は東へ約1時間半程走った所の様だ。
朝の通勤ラッシュ時だったが郊外へ向かう道は比較的空いていてスムーズに中心街を脱出。

スワンナプーム空港を過ぎた辺りからはのどかな風景が広がりたまに見える池や水路に否が応でも気分が高鳴る。

 

 大通りを外れオフロードコースの様な小道へ突入すると至る所に水路が張り巡らされ辺り一面養殖池?沼?そんな感じの風景が延々と続いていた。f:id:fishingtripper:20170618134523j:plain

 

しばらく走り釣り場へ到着すると今回僕達が釣りをする養殖池の方がパラソルと椅子を用意して待っていてくれた。

f:id:fishingtripper:20170618134538j:plain

f:id:fishingtripper:20170618134548j:plain

まだ日が昇ったばかりだったが既に気温は30度近くあり少しの日陰でも非常に有難い。

 

 

f:id:fishingtripper:20170618134632j:plain

釣り場はこんな感じで水深は2mも無いオープンウォーター。

 

 

とりあえず最初はトップから開始。

 

出国前のイメージではトップでガンガン出るのを想像していたが一通りやってノー感じ。仲村さんもペンシルらしき物をキャストしているがこちらもダメな様子。

 

 

 仲:これ…ヤバイパターンじゃね?www

 ナ:まさか激シブの日に当たっちゃったんすかね…

 

 

 真相を確かめるため鉄板ルアーにチェンジ。

  

 

 数投目。

ボトム付近をスローリトリーブしていると突然鋭いアタリ。反射的に合わせた瞬間ロッドが絞り込まれ強化ドラグ入りのリールからラインを引きずり出し一気に走る!!!!!

 

 更にドラグを締込みガンガンリフトすると相手も激しい突っ込みと1mオーバーの大ジャンプで応戦。

 

 

 すげぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!

 アグレッシブ過ぎるwwwwww

 

 

相手の突っ込みをいなし一気に巻き上げ取り込みに掛かる。

 

 

f:id:fishingtripper:20170618134727j:plain

カッコ良い魚だ。

 

 

f:id:fishingtripper:20170618134817j:plain

仲村さんも難無くキャッチ!

 

興奮冷めやらぬ内に更に追加の魚を狙う。

 

ただ巻きでは無く自らアクションをつけて釣りたかったのでバラマンディには鉄板と言われるビルータ110にチェンジし2トゥイッチ2秒ポーズのリズムでトレースすると止めた瞬間にカン!と金属的なバイト。直後ロッドはバット付近からぶち曲がりティップが凄い勢いで暴れ狂っている。

f:id:fishingtripper:20170618135101j:plain

うん。すっげー釣れるwww
2人ともビルータ110でエンドレスヒットwww

 

なんだかガンガン釣れる様になってきたので『これ。なんでも釣れるんじゃね?』といろんなルアーを試してみたがどれも一応釣れるには釣れる。しかし好き嫌いがある様でワンキャストワンヒットになるルアーもあれば5~10投に1回程度しかバイトが出ないルアーもあった。

 

養殖池だからほぼスレてない筈なのに一応そういうのがあるんだね。

 

アクションも早い動き(ペンシルの連続ドッグウォークやミノーの連続トゥイッチ)にはすこぶる反応が悪く、アクション後ちゃんと止めたりスローリトリーブの様に見せてやる釣り方の方が断然バイトが出る事も判明。

 

 

 一つ問題なのがリーダー。

 

今回60lbと80lbリーダーを用意し傷が入ったらその都度切っていけば良いだろうと考えていたのだが1本釣るとこの有様。

f:id:fishingtripper:20170618134858j:plain当然ガンガン切っていくのだが、あっという間にリーダーが無くなりその都度ノットを組まなければならないので手返しアップにワイヤーリーダーを入れた方が良いと思う。

この時は念の為2本持って来ていたワイヤーリーダーを装着したので以降一々ノットを組む煩わしさからは解放された。

 

釣りに戻ってお次は日本全国を飛び回っている鈴木良幸氏より出国前に『良かったらこれ使ってください!』と託されたロウディーmonster

f:id:fishingtripper:20170618134918j:plainちゃんと釣りましたよwww
サンキュー鈴木君!

 

 

そして正午近くになると気温も上がり更に高活性になる魚達。

オグル、ビルータ、アイルマグネット…
この3種類はとにかく凄かったが中でもビルータがマジでヤバかった。本当ワンキャストワンバイト、時には3バイト近く引き出しほぼ丸呑み。

スーパー爆釣タイム突入でガンガン釣りまくり2人合わせて4~7kg位を80本以上捕獲。


途中から針外しやランディングを手伝ってくれた覆面さん(養殖池スタッフ)とパシャリwww

f:id:fishingtripper:20170618134948j:plain表情がわからなくてめっちゃ怖いけど脱いだらニコニコの超良い人でしたwwwwww

  

時刻は12時を回り大漁釣果に有頂天な僕達は次なるターゲットであるジャイアンスネークヘッド(現地名 プラー・チャドー)を釣るべく有名釣堀であるパイロット111へ向かうのであった。